hidden no source

継ぎ足し使う

【音楽】テクノって

音楽好きならデトロイトテクノを聴いてみよう。 - ゆるくまったりしなやかに


自分の知ってるテクノって何だと思ってとりあえず検索した.
メモ程度に残しておく.

バイトしてお金作れたらディスクユニオンいって音楽雑誌でも買ってみようかな.
歴史を知りたい.

【映画】アーサー王 聖剣無双

ガイリッチー最高や!!!


ガイリッチーがファンタジー(ダークファンタジー)作るとこうなるのか…という印象でした.
デートにはオススメしません.

*演出とテーマ

ガイリッチー映画の一番わかり易い特徴に,
1. コマ抜きでテンポよく魅せる演出
2. 回想1の場面と回想2の場面を直結させる…みたいな演出
が挙げられると思うんですけど,(スナッチのボクシングとか?)映像の場がファンタジーになっても沢山盛り込まれていて,ギャング抗争,探偵もの,ファンタジーと扱う題材は変化してもその根底にある演出はやっぱり変わらないのか,と思って見てました.

内容としては
反旗を翻した叔父に討たれ親の治めていた国を取られてしまったアーサーが,成長し仲間を増やし親父の残した聖剣エクスカリバーを手に悪の手に落ちた国を取り返す…

っていうわからやすいロードムービーです.なので基本的には頭空っぽでみていい系統の映画でした.おもしろいし.

映像/3d4dx

シャーロック・ホームズ》シリーズあたりからCG演出がすごい増えたんですけど今回のはもうゴリッゴリのCGです.
2dで普通にみて私はとても疲れた.アーサー王,3d上映があるんですけどなかなかすごいと思いますよきっと.めっちゃ飛び出てくると思う.そういうところもあって楽しみ甲斐ある映画だと思います.

音楽

最高だった.これもあってこの映画は映画館で見て正解だったと思います.
映像でも述べましたけどどの場面も3d映えする迫力ある映像が多いです.スピード感があると言うんでしょうか.
それに乗ってくるのが独特な音楽で,使ってる音楽ってのが高音域ぴゃーぴゃーみたいな感じではなくて,
重低音ズーンズーンみたいな感じなんですよね.これを映画館で見るとどうなるかというと,服が振動します.パンツの下のスソあたりが振動してるのが分かるんですよね.

で,この重低音の中であの映像を見るとフヒヒヒヒってなりますよ.花京院です.

総括

総括すると,映像と音楽でとても迫力ある戦闘シーンが楽しめます.最終戦とか最初意味わからないぐらいPS4QTEみたいだったもん.
ていうかダークソウルってこんな感じなのかな?と思って見てました.そういうレベルのアクションでした.

と,いう映像音響に差し込まれるガイリッチーのテンポいい会話のやりとりにはマジで変な汁がでます.

そのご

あと新宿三丁目あたりをうろついて飯くってたんだけど,適当に飛び込んだお店新宿三丁目のお店がすごい楽しかった.店名は内緒.
バーみたいなお店で,客同士の距離は近いし,バーテンさんもなんかすごい優しい.飲めないモヒート頼んで,濃くて困ってたらなんとソーダぶち込んで飲みやすくしてくれたんんですよね.最高だったぜ.

で「ピエロの中でもあいつはやべえやつ」っていう神みたいなフレーズが生まれて最高でした.また行きましょう.

【生活】神器

今週一週間がきつすぎる

体のつかれと精神的な余裕の無さががっちりくっついちゃってどうしようもない感が強い.
就活にしろ研究室にしろ後輩にしろ,全部自分が悪いところが本当にどうしようもない.

管理能力がかけてるのはわかってたけどこんなことにならなくてもというかはあもうなんていうか.
なんかいいことないかなあ.

今週一週間を振り返ってみる

月曜日

日曜の夜から泊り.尚土曜日も来て研究()してた模様.
今後どうするか,学会でるの?って話.みっちり3時間.情けなくなる.

火曜日

ゼミ.
スケジューリングも込みにしてまた資料作り直してこいと言われ資料作成.家に帰るもやる気が起きず,なんとなく方向性,課題をまとめ,寝ては起きて,寝てはおきてを繰り返す.どうしても机に向かうことができないまま.結構追い込まれた状態でゼミに臨む.

後輩二人は謎の欠席.いい加減にしてくれ.
ゼミはと言えばマウント取られ後輩,同輩の前で晒され永遠に怒鳴られ怒られる.わかっちゃ要るけど辛い.
木曜日に再度打ち合わせをするぞという話になる.正直気力がない.


内定承諾書を出したい.
家に帰ってソファで寝ようとしたら親から就職について説明しろと言われ就職先がなんとなく決まったこと.
自分のやりたいことはできる.給料もいい.小規模だが選択肢からすれば十分好条件だと言う旨を告げるも何故か今更大手じゃないのか,就活は続けるべきだ.本当にその企業で良いのかなどなんで今さら?な話をされる.親父に至っては今更「ゼネラリスト」「スペシャリスト」という話を持ち出してくる.私と同じで的外れな話しかしない.大企業に行った従兄弟の話とか私の人生には関係なくないですか….

唖然として黙ってしまった.そもそも,私の就活に関しては3月の時点で,両親は好きなようにやらせてくれると同意を得たはずだった.
それをわかっていたから心にも余裕があったし,その上の選択肢を取ってきたつもりだった.

「じゃあ就活は続けるってことで…」と行った母の顔を忘れないし,それを聞いた直後の自分の顔もなかなか笑えると思う.今思うと.
そんなことがあって,もう家にいるのも辛いなあってなった.

水曜日

体が重く大学休む.家で課題をどうまとめようかとのんびり考えていたら母から昼飯に行こうと誘いを受けご飯へ.
普通にパクパク食べていたらまた就活の話.「○○市の公務員はどうなの?」「大手は2次採用がこれからあるんだって」という二言.飯をおごってもらってる手前「へぇ」と一言返したけど結構煮えくり返っていた.
疲れていたから家にいたかったのだけど,木曜の打ち合わせのコトを考えて夜中に大学へ行き資料作りする.書いてて思うけどなんとなくこれを忘れようとしてるところがある.

???「口では嫌がっていても脳は正直だな…」

木曜日

昨日だ.

13:30から15:00までゼミという約束だった.17:30からテストセンターの予約をしていた.
泊まっていたので午前はプログラム書いたりして作業.
午後からゼミ.
もう散々だった.
18:30までゼミしたから5時間ぶっ続けではなしてたことになる.
正直頭も回らないし,後輩に至っては1人ポンコツ過ぎてわけわからないこと口走るしでストレスも貯まるし自分の情けなさ,この状況への不満,
教授の言い回し,全てに苛立っていた.人に諭すのに,叫ぶ必要なんてないし,3度は同じこと言ってたりするし,思い出して話すから話の流れはわかんねえし,それで返事をすると「お前ははなしを聞いてない.」「コミュニケーションが取れない」「バカ」言いたいこと好きなだけ言って,笑いものにする.

後輩には15時から授業があるという話はしていたはずなのにそれすら忘れてゼミをぶっ通しで続ける.
言うまでもなく私はテストセンターには行けず,候補企業を遥かかなたへぶん投げることに.
仕方ないのでだいぶ前に使った起業結果を再利用した.駄目だと思う.

もう失笑もんである.

金曜日

正直研究室にいたくない.後輩の顔も,教授の顔も,同輩の顔も見たくないと完全に駄々っ子状態のカスに成り果てたので午前にはバイトを入れた.
久しぶりのバイトで行ってみたら,「登録ができてない」はえ?年度初めに履歴書というか更新手続きみたいなメールを送った気がするんですけどあれは何だったんだ.
結局,タダ働きさせるわけには行かないから一度帰ってくださいとのこと.しゃーなしと思って帰りに秋葉散策してP4U2した.

担当の方に就職先の話をしたら,普通におめでとうと言ってくれた.相槌というかお世辞なのは分かるけど,今週がクソだっただけに少しだけ救われた思いがある.
何も考えなくても,手離しでもこう言ってもらえるだけでこんなにうれしいなんて,と思う.

そんで,大学に来て図書館で今日記を書いている.3時からは打ち合わせをする.少しずつ変えていかないと,ケリをつけられない.
厳しくというか現状が少しでも上向きに変わるような話会いを重ねなくちゃいけないと思う.

ちなみに,今日は夜から飲み会でOBOGが来る.地獄でしかない.そういうのは私のいない所でやってくれ.というかお前がいなくなれよって言う話なのである.本当にいなくなりたいし家でアナザースカイ見たい.

土曜日

11:30から企業説明会があるんですけど,飲み会が終電過ぎたらまた始発で家に戻ってスーツ来て秋葉っすよいい加減死ぬよ本当.
で午後は友人とアーサー無双見に行く.監督がガイリッチーだから見に行こうぜとのお誘い.牛乳ぶちまけてくれアーサー王
ていうか映画なんて行ってんじゃねえよゼミ資料作れという言葉が飛んできそう.その通りだよ.自分がカスなのが伝わるでしょ?


ここまで見て思うけど,ゼミ資料ちゃんと作れれば問題解決するんだよね.

・いつまでに
・問題Aにクラスタリングされた問題A-1,問題A-2,問題A-3…を
・どうやって,何を使って,何をどう比較することで,何で実験をして
・理論値,解析値,実験値のどれを出して
・どういう理由で,どこを落とし所として
解決するかっていうのをやれればいいんだけどねえ….
口でいうほど簡単にはできませんよ.

教授からは「とにかくその状況を絵に表して修正を加えていけよ」とのありがたいお言葉を賜ったの実践したいとおもいます.しないともう辛い.嫌になって逃げ出してしまうと思う.

【就活】脆い

追い込まれている

普段通りの生活を送っているようで,そうでもないようで.
自分の「いままで通り」とある種の違和感を持って生活してる.
なんとなく浮足立って,気が落ち着いて休まることがない生活をしている気がしてならない.

フラッシュバック

その反動なぜか今まで読んだ本,聞いた曲,見た場所,趣味をぶり返してる.
電車移動が倍になってるとかもあるのかもしれないけどそれにしても…と感じる.

いつの間にか本棚から岩岡ヒサエ鬼頭莫宏荒木飛呂彦を,三崎亜記の小説を,肉欲企画,DM喫茶雨宿り,
泣かぬなら殺してしまえホトトギスといったテキストサイト,個人ブログを読み出す.
母艦PCからはYMO中田ヤスタカ中島みゆきやら,はたまたClariSを聞き出す.
ボクらの太陽ロックマンエグゼポケモンのBGMのシリーズ…


こんな感じで今までの自分が見てきた,読んできたものばっかり手を付けてる.なんだこれ.

一番つらい

次々就活を終わらせていく友人たち.
これに尽きる.


今までは友達と頑張っていたものが,1人ですることになること.
最初から1人でやってきたことと先細りしていく今は大きく違う事を身をもって学んでる.
こういう時に大学時代,中高時代に学ぶはずだった「1人で成し遂げる力」みたいなのが反映されるんだろうな.
と強く思う.


今日はmihimaruGTでも聞こうと思います.気分上々↑↑ウェイ

【Python】勤怠管理というか,時刻記録

研究室生活の崩壊

ちょっと就活と研究のバランスが崩壊してる.
これで何が起こったかというと私の起床時間がぶっ飛んだ.

1 昼に就活で時間使う.つかれる.
2 帰ったら研究作業でもやるか
3 夜通し研究・徹夜
4 生活バランスぶっ壊れ
5 研究室への脚が遠のく,若しくは行っても午後
6 午後からだとあまり研究できずダラダラ過ごす
7 ゼミで叱られる.


こんな感じよく分かる悪循環である.

治療

そこで,とりあえず自分の研究室生活の軌道から直して行きたいというふうに考えた

まず研究室についた時刻を記録する.
(ついでに研究室を出る時刻も記録したい)
でそれを可視化すればどういう生活になってるんじゃないかと…甘いか?


コアタイムがないことにやりたい放題は良くないからね.


んで,時刻記録に作ったのがこれ

# -*- coding:utf-8 -*- #
import numpy as np
import glob, os
import pylab
from datetime import datetime 



a = datetime.now().strftime("%Y/%m/%d %H:%M:%S")

print a


def get_filelist():
    #------------------------------+
    #ファイル名取得-ソート
    #------------------------------+
    global files,name
    files = glob.glob('*.csv')
    name  = []
    for x in files:
        no,ext = os.path.splitext(x)
        name.append(str(no))#[name]へ取得したファイル名リスト[no]から取得して格納していく
    
    name.sort()
    print files
    for x in xrange( len(name) ):
        name[x] = str(name[x]) + '.csv'
        #show()

get_filelist()


for file in xrange(len(files)):
    filename = str(files[file])
    x = np.genfromtxt(filename,delimiter = "\t", unpack = True, dtype ='S19' ) 

x = np.append (x,a )
print x ,type(x)

np.savetxt("Att.csv",x, fmt = "%s" )


こいつのあるディレクトリからcsvとか探して(一回目は作らないで走らせても生成してくれます)単純にクリックした時刻を記録する.
エクセルとかでアホなことするよりは楽.
pythonだからmatplotlibとか使えば後でグラフにも残せるからまあ…


しばらく使ってみてどうなるかなあ…

就活つらいけど,この間,面接の前室で何聞かれるか教えてくれ自分の番になるとガッツポーズで送り出してくれる人に会った.
本当に色々なひとが関わっていると強く感じた.もう少し頑張ります.

【Python】f特抽出

正しくいうと抽出なんかじゃなくてピーク値を抽出するっていうプログラム

#coding:utf-8
import wave
import numpy as np
import scipy.fftpack
from scipy import signal
from pylab import *
import glob, os
#----------------------------------

fs = 16384#wf.getframerate()  # サンプリング周波数
start = 0  # サンプリングする開始位置
N =16384 #65536    # FFTのサンプル数



def get_filelist():
    #------------------------------+
    #ファイル名取得-ソート
    #------------------------------+
    global files,name
    files = glob.glob('*.csv')
    name  = []
    for x in files:
        no,ext = os.path.splitext(x)
        name.append(str(no))#[name]へ取得したファイル名リスト[no]から取得して格納していく
    
    name.sort()
    print files
    for x in xrange( len(name) ):
        name[x] = str(name[x]) + '.csv'

def get_peak(amp):
    #------------------------------+
    #ピーク値の抽出を行う.
    #in:FFT後の音圧レベル情報
    #out:ピーク位置の音圧レベル,周波数値を抜き出したリスト(総データ数は対応)
    #-------------------------------+
    frq_result = []
    lvl_result = []
    for i in xrange(2,len(amp) -1):
        if amp[i] > amp[i+1] and amp[i] > amp[i-1]:
            lvl_result.append( amp[i] )
            frq_result.append( freqList[i])

    print(len(lvl_result),len(frq_result) )
    return (lvl_result, frq_result)

get_filelist()


all_lvl = []
all_frq = []
for file in xrange(len(files)):
    filename = str(files[file])
    A,x = np.genfromtxt(filename,delimiter = ",",skiprows = 2,unpack = True ) 
    
    print file, len(files)
    if __name__ == "__main__" :
        global freqList
        X = np.fft.fft(x[start:start+N])  # FFT
        
        freqList = np.fft.fftfreq(N, d=1.0/fs)  # 周波数軸の値を計算
        amplitudeSpectrum = [20*log10 (np.sqrt(c.real ** 2 + c.imag ** 2)) for c in X]#パワースペクトルへ変換[dBSPL]  # 振幅スペクトル
        phaseSpectrum = [np.arctan2(int(c.imag), int(c.real)) for c in X]    # 位相スペクトル

        #----ピーク取得-----+
        #ピーク値をストックする
        lvl, frq = get_peak(amplitudeSpectrum)
        for x in xrange(len(lvl)):
            all_lvl.append( lvl[x] )
            all_frq.append( frq[x] )
            #print x

        #------図表書き出し------#
        #all_lvl,all_frqにピーク値をストック
        #最終ループですべて書き出す
        if file == len(files)-1 : #x ==( len( lvl)-1 ):
            plt.figure(figsize =(4,3))
            #subplot(211)
            plt.scatter(all_frq, all_lvl,s = 2,c = 'b', marker = 'o')
            axis([0, fs/2, 0, 100])
            xlim([10,500])
            ylim([0,50])
            xscale("log")
            plt.savefig('test.png'     ,format = 'png', dpi=300)
            #plt.savefig('peakpoint.png', format = 'png',dpi = '300' )
        
        del lvl[:],frq[:] #値をクリアして次のループへ

ディレクトリに沢山の時系列データ(今回は**.csv)がある場所で使うと,個数分だけループをはじめて,1つ読み込んでFFT処理,ピーク値をプロット,また1つ読み込んでFFTしてピークとってきてさっきの絵にプロット…というプログラム

(実際の挙動は一回一回プロットしてるとアホらしいのでプロットすべき点をストックさせて一気にプロットする)


何が便利かというと,ある室に関して,沢山の受音点データがある時これで周波数特性のピーク値をプロットするとピークがどの周波数にあるか点で見ることができる.

f:id:coupe-glass:20170514000526p:plain:w400:h300
今回は361点分の受音データ(全て同じ室)を処理したんだけどこんな感じで30Hz付近にピークが集まってる=定在波が立つかなっていうおおよその検討がつけられるようになった.


半年ぐらい前に作るべきシステムだったんだけどPythonの知識がなかった….