読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hidden no source

継ぎ足し使う

至高の思考の整理学

f:id:coupe-glass:20160302004324j:plain

こんなブログタイトル絶対誰かのn番煎じですやんけ

 

論文の今後

論文の今後についてのストーリー構造を考えないといけない。

まず現在の時点だととりあえず固有周波数の計算を不整形な部屋で行えることを突く。っていうのが先生の考え。

 

確かに今の状況では最短ルート。他に何かあるのか?

内外判定

で、まあ内外の判定プログラムのサブルーチンを作らないと行けないんだよな。

内外判定プログラムというか、上下左右というか以上以下というか。ちょっと整理した方がいいなやっぱりこれ。

 

 

理論的な思考

最後に書くのはアルゴリズムとかそういう考え方の話。

自分はさっきの領域判定の考え方は単純に「以上以下、これに0を加えた3パターン」で判定を行うっていう考え方だった。で、ネット見てて分かったけど判定を考える方法とか、いくらでもあるじゃんっていう話。

 

なにが言いたいのかというと、目的達成までにたどり着くための道筋が現状だと非力。面積の話じゃないけど、ベクトル使ってヘロンの公式で面積を求めるか、それとも単純に底辺×高さ÷1/2するかっていう話。ヘロンの公式も知っていた方がいいじゃないですか。なのに自分にはそういう方法論が抜け落ちてる節がありますよね、といった感じ。

 

じゃあどうするか

単純に思うところとしては、

  • チャート式を掘り返して来て、ピックアップ。ファイリングして必要そうな情報を抜き出して整理
  • ネットに転がってる変態数学者達(ほめてます)の知識を詰めていく

こういう地道な事をするしかないと思ってる。今の自分の知識レベルはせいぜい高2レベルで、こんなのでFDTDなんてそもそも出来るはずがない。

 

でも、これに加えて言語の知識、ゼミ、ネットワーク+雑務となると、やっぱり時間の使い方を徹底するべきだなあとも思う。ダラダラしてくるとすぐネットいじり始めてゲームしたりしてしまうし、そういったところから治していくべきなのかな。

 

そうなると…結局は生活習慣として学習を組み込めるかが今後の大切な要素になる気がする。少しでも積み重ねていく生活ができればなあ。と言うところで今後の目標とまとめ。

 

  1. チャート式+ネットの記事をすぐ冊子としてまとめ、見出し付けなどを行いデータ管理をしっかりと行う。
  2. 生活の端々で何かしら積み重ねを行うことを意識する。朝、夜、寝る前、電車。色々ある。解いた問題だったりアルゴリズムが記憶から抜け落ちないようにする。
  3. 先生も言っていたように、原理を理解するよう心がける。

こんなところだ。とりあえず冊子づくりとしてデータをまとめることが必要かもしれない。