読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hidden no source

継ぎ足し使う

鯛の京

タイに居る。まだ手の香りはなんとなくアジアっぽい。

他サイトから『芸姑』の写真パクってきてフォトショでちょっといじって掲載するかとも思ったがアホくささの極みだなと思ってやめた。

 f:id:coupe-glass:20160308030959j:plain

 

 

本当は来週明けのゼミに対して資料とプログラム、方針の用意をしなくてはならないんだけど、人生においてとんでもないところにいるのでそれはとりあえず置いておく。

 

明日の朝から考えよう。

げいこ

衝撃的だった。

まずネオンがやべえ。さすがにあんなん見たらテンションの1つや2つ上がる。ブチ上がる。緊張っていうか本当に萎えてた気持ちがいくらか回復したのが記憶に残ってる。あんなん『AKIRA』の世界かと思ってたもんだからさすがに感動する。

 

そんで、店内。黄色い胸の谷間が見える制服着た嬢達が左右にずらっと。それこそ桔梗みたいな服だったなあ。それで、お店に入るとボトルの焼酎かウイスキーを選べと言われ、とりあえずウイスキーに。

 

で、店のシステムを説明。1~6まで、演技っぽく説明してくれたのが面白かった。ちなみにこの時点ではまだテンパってる。

 

 

今更だが、この話を3章に分けると

  • 入店   ここまで
  • 指名・カラオケ
  • お開き

 

の構になっていると思う。お開きでなんかぶっ壊れた。ていうか、してやられたと思ったわ。なんていうかいくらなんでもちょっと腹がたった。バカにされてるのかっていう話だし。大体嬢の用意するものなんて使っちゃダメだろ信用なんねえ。

 

 

指名・カラオケ

で、ルール説明が終わったので嬢の指名に行くことに。

これがくっそビビった。ここで(あ、叔父にハメられたんだなこれ…)と思いました。

部屋の大きさは大体16畳とか?わからんけど普通の部屋のリビング程度の大きさ。

で、その部屋に嬢がいるわけ。なんですが、ビッシリと部屋中にいらっしゃる。

左右の壁にはソファがあってずーっと置くまで嬢が座ってる。いっちばん奥では嬢が立ってこっちにおいでおいでしてる。そんで、その中には嬢が座ってる。どんなもんだったかな、4人×おくまでって感じだったはずだから多分30人程度は座ってたと思う。うん。

 

で、自分が指名したのはどこか彼女っぽい人に似た容姿の女の子。ショートカットで小柄なの選んじゃった。めちゃくちゃ可愛い訳じゃないのもなかなか自分らしいと思う。

 

で、指名した女の子といっしょに部屋に戻って、挨拶。自己紹介してカラオケ開始。トップバッターは一番年下の自分。

歌いました。難しいね。歌えるようになろうかな。

 

ん で、色々順番が回ってお祭り騒ぎして、色々歌った。モンパチの『小さな恋のうた』とか、superfly『愛をこめて花束を』。とか。特に後者は嬢が知っ てるって言ってて笑った。車内で聞いてるらしい。でも、まさかこんなとこで松任谷由実の『春よ、来い』を歌うことになるとはって感じだった。

 

あと、嬢の年齢。俺は22って言って、向こうも22って言うからほんとかよって言ったら24とか言い直しやがってwそんで、「ああ、あんま変わんないね。」「本当?」って言うから「うん2歳でしょ?」って言ったら「実は26」って笑いながら言いやがったw

 

まあ全然良いんだけどね。22も26もまだ変わる途中だろうしそんなもんだろうよ。

お酒の話とかユニバーサルスタジオ来たことがあるという話、赤いけどシャキシャキした果物、リンゴに似てるけどリンゴじゃないんだよ、とか日本語は読めるけど書くことはできないとか。なんていうか、しょうもない話だけど個人的にはなかなか印象良かった。

 

ただ、親父の悪口言ってたのはいただけなかったなあ。まあ思ってることを言ってくれるっていうのは素直で愛嬌あるってわかるから良いんだけどね。客観的に見ると改めて対極的だよねて思った。

 

で、チップのバーツ払ったりなんだり。賑やかに終了。

 

お開き

アフターはどうする?」ふざけてんのかと。別に自分の童貞なんてどうでもよくてこ、捨てられるならどこでだって捨ててやろうと思ってるけど、まさか国境をまたいだ話になるとは思ってもいなかったからさすがにテンパった。やり方もわかってないのにそれは危険過ぎると判断してことわった。でもあの人なら、楽しかったかもしれないなあ、なんて思ったりもしてる。

 

 

あと、さすがに親戚がいる前で、しかも親父がいる前で「こいつとセックスしてきます」って言う度胸はねえわ。出資者ならいいけど、客同士の関係で自分だけそんなん、無理だよ、自分には…。せめてあと2年猶予くれ。

 嬢に手握られて「10回はウソ、2回」とか言われたた時には(はあ…そっすか…)って言う気持ちと、若いってこれだけで価値あるんやなあっていうなんとなくうれしい気持ちがダブルで襲ってきて笑った。

さよなら

手洗いに行ったらおしぼり持って待っててくれるところとか、妙にサービスが行き届いてるところろか、すげえなあと思う。あんなん日本企業ですやん。

あと、トイストーリーのおもちゃみたいなおばちゃんにこれ何?って言われてヨーヨーやったらウケたの、我ながら訳わからんかった。まあ楽しんでくれたなら本望かな、といったところ。

 

f:id:coupe-glass:20160308030522j:plain

しかし、

鯛もなかばでこんなボディブロー決められると思ってもいなかったな。オヤジたちは部屋で飲んでたりするんだろうか。今頃向こうの部屋はお楽しみだろうし。

正直カオスすぎてもうひとりで行動したい。

ツイッターの向こうの皆、助けてくれ。研究室に帰りたい。