読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hidden no source

継ぎ足し使う

リアリティはあるけどいまいち理想と離れてる

f:id:coupe-glass:20161026092104j:plain

結局ゼミには既往研究の欠点というか、やってないことを持っていくことになりそうだ。これでいいのかなあってところはあるけど。現時点の解析手法の向き不向きと自分の持ってる技能の限界点とは割りとマッチしていると思っている。

 

ただ、これが気になるのはやっぱり自分のテーマとしてこれでいいのかなとは思う。

自分の場合、研究室に入って半年わけも分からずもがいて教授から解析手法はこれをつかってできそうなことをやってみたらどう、と言われ先に研究手法を勉強した。

 

一応其の解析手法もそれっぽくなって卒業研究はそれでなんとかなった。

で院進しても結局また半年近く手法の今までの研究を掘り返して何が出来るかを把握するだけに終わり、テーマは未決定。テーマ関係のことについてうだうだするだけで軽く一年は消費してる。こんなことをしてる間に同僚はしっかりと後輩を使って研究をごりごりすすめて、夏の学会発表もこなした。このままではダメだと、一つの学会にはついていって全国のM1が今何をしてるかを見てきた。みんな立派だった。羨ましい限り。

 

で、ここ一ヶ月でまたいくつかテーマを持ち込んでゼミの度に教授とはなしてた(つっても二回だけど)らやっと一発で否定されないテーマを作れた。

 

ただ、このテーマもそれこそ”やり尽くされ”てはいないものの他大の有名な教授がこなしてたテーマであって、結局はそのテーマの重箱の隅をつつくようなはなしになりそう。言ってしまえば、「そんなことしてどうするつもりなんすかw」てなる気がする。

怖い。