読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hidden no source

継ぎ足し使う

【就活】自己分析

確かにやったほうがいいってのは分かる.文章かけないもんな.

 

 

 

 

自己分析

これいらねえだろと思えるのは普段から自分のことわかってる人.

たぶん仕事もできる.

逆にどういう人が必要なのかというと,多分普段からタスク管理に整合性がない人.

なんでタスク管理を挙げたかというと,タスク管理には物事を順序立てて解いていく思考が必要になるから.目の前の課題っていうのは意外と要素が絡み合っていることが多い.この要素を効率よく解くには全体を俯瞰して,今手元にない(だから取り寄せる必要のある情報,モノ,人,カネ,技)ものは何か.を把握する必要がある.そして,それを自分の強みである点のどこと照らし合わせれば手に入れられるかわかってる.

で,これがその人の強みなのだと思う.

 

いや実際は仕事ができる人もできない人も無意識にこれを行っていて,そこから仕事に掛かる時間を勘案していると思うのだけど.仕事を本当に効率よく,最短で結果を出すところまで行くには確実にこの,「自分は何者か」ということを知っている必要がある.

 

どうやるか

で,悲しいことに自分にはこれがない.

教授に「何やりたいの」って問い詰められれもなんかふわっとした回答しかできないし.っていうのは

  • 自分の尖った部分を認識できていない
  • 自分の適性が分かっていないから,適当なことを言えない
  • 得意な部分を活かせる業界はどこか,ということすら把握できていないから自信もなく回答が淀む

っていうところに理由があると思う.

自己分析すれば,教授に「何やりたいの」って言われた時,初っ端から言いよどむのではなく,

「僕は○○○が得意だと思ってるんで,×××の業界が合ってると思うんですよねえ.」

少なくともこんな回答が期待できるはず.

そうすれば,人によってだろうけどコネとかある教授なら

「んじゃ▲▲▲っていう企業受けてみたら?知り合いいるし」っていう回答が期待できる場合もあると思う.

 

じゃあどうやるかっていう話になるんだけど,自己分析シート一つとっても沢山あるんですよねえ.SPIもやらなきゃいけないのにこんなの選んでる時間ないねんアホ.

 

hanajob.jp

ameblo.jp

とりあえずぐぐってでてきたのがここらなので使ってみようとは思うが….

調べててふと思い出したのがこれ

なぜなぜ分析 - Wikipedia

可愛い名前してるけどゼミ中に教授にヤラれて半殺しの晒し者にされるやつ.

自分の適性を掘り下げるのには理論的につながりを示す必要がある.

 

とりあえず,挙げた2つのシートに手を付けてみようと思う.