hidden no source

継ぎ足し使う

【就活】ESフレームワーク

ESの書き方


自分のフレームワーク

私は~を志望し,また~を持っています.
→貴社は~の分野において○○で~です.
 →私の~は貴社の~で役立てると考えたため志望いたします.

これがまず基本てきなやつ.適当に書くときはこれ.
単純な3段論法.


でこれじゃ駄目で某企業の方曰く
志望理由については

その分野を志すきっかけ
→大学で学んだこと
 →企業の行っている事業
  →なので私は貴社を志望致します.

という形が割りときれいかつ論理的に収まるとのこと.


またやり遂げたことは

存在する問題
→それに対しどう考えたか
 →その考えを下にどういうアクションを起こしたか
  →結果として問題はどういう風に解決したのか

な感じで書けば収まる.


今俺が書きにくいのは
・志望理由
・やりたいこと
の複合問題を出されているから.

基本は《志望理由》のフレームに《やりたいこと》を当てはめる感じ.

その分野を志すきっかけ
→大学で学んだこと
 →企業の行っている事業ここ
  →なので私は貴社を志望致します.

事業にからめて,私は貴社で~をやりたいと強く望みます.
それは~が~であり…みたいな感じか?投げやり.


unistyleinc.com


結局パクってきたわ笑える

【志望動機】
①コア志望動機・社会で成し遂げたい夢(やる気)
何のために企業で働くのか、社会で何を成し遂げたいのかについて語りましょう。自分自身のモチベーションの源泉である「夢」を語り、社会においてもその夢に向かい高いモチベーションで働くことができることを示しましょう。もちろんその夢がその業界で受け入れられるものであることには注意が必要です。

②コア志望動機のきっかけ
次に①のようなコア志望動機に至った自分ならではの経験について語りましょう。なぜ①のような夢を抱くようになったのか、そして数ある仕事の中から選んだ理由につながる最も面接官が知りたい部分になります。にも関わらず多くの学生が「少子高齢化の日本が成長するには海外事業の展開が必要だから」のようなまったく自分自身の経験に基づかない志望動機を語ってしまっているのが現状です。自分らしさを存分に発揮できる部分ですから、しっかりと話せるようにしましょう。

③具体的に取り組みたい仕事
①の夢の実現のために具体的にどんな仕事に取り組みたいのか話しましょう。業界の仕事内容を理解しており、企業とのミスマッチがないことを伝えるようにしましょう。よくありがちなミスとしては、その企業が取り組んでいないこと及び将来的にも取り組むつもりがない事業に取り組みたいと言ってしまうことです。ここは業界研究・企業研究が十分かという点が問われます。

④他の業界ではダメな理由
採用担当者が最も知りたいことの一つが、数ある仕事の中からなぜ自分たちの業界を選んだのかということです。また採用担当者は自分たちのライバル業界を非常に意識しており、他の業界に人材が流出しないかを気にしています。例えば商社であれば、銀行やコンサルティング会社、船会社、広告代理店など採用上のライバルが存在します。採用担当者は絶対に自分たちの会社に入社してくれそうな人に内定を出したいと考えています。その他の業界ではなく、この業界に入りたいという理由を業界同士を比較した上で説得力を持って話せるようにしましょう。

⑤業界の中でも第一志望の理由
さて他の業界ではダメな理由を語った上でさらに同業界でも他社ではなく、受けている企業がよいという理由についても話す必要があります。上記の通り、採用担当者は絶対に他社に流れない人材に内定を出したいと考えています。この部分をしっかり説得力を持って話すことで採用担当者を安心させてあげましょう。

⑥社会で活かせる能力
仕事内容について十分に理解し、高いモチベーションで働けることを示した上で、そのような仕事において求められている能力があることについても触れるようにしましょう。ここは自己PRでアピールした能力と一致させるようにしましょう。

…とのこと.
たぶんネットにオチてるESとか見てもこの構成が多い気がする.
よく考えたらあいつらもパクってただけかと思い安心できる.